園長の主な仕事内容

幼いころの記憶や兄弟が保育園に通っている姿を見ていたり、自分の子どもや親せきの子どもが現在進行形で保育園にお世話になっている方は多いでしょう。保育士さんの顔や名前を憶えているという方もいるのではないでしょうか。でも、保育園の園長先生との思い出はありますか?園児とはあまり関わっていないイメージが強い園長先生ですが、実際はどんなお仕事をしているのかあまり知られていません。
保育園の園長の主な仕事は、園の経営管理です。利益を出すことはもちろん、雇っている保育士たちへの給料の支払いや、園の設備・施設の管理・修繕。園外でイベントや行事を行うところでは、先方との業務的なやり取りも含まれます。
また、園児たちへの安全のために給食を検食することや、保護者の方々への書類の作成、保育士たちのシフトの調整など、事務的な作業もあります。
運営する保育園を安心で安全なものだと保護者の方々に思ってもらい、保育士たちに働きやすい環境を整えることが園長の仕事なのです。

保育園で働く園長の特徴とは

男女

保育士から園長へ

園長として保育園を運営するためには、園内の様々な事象に対応できる知識と判断、冷静さや、経営に関する知識など様々なスキルが必要です。そのためにも大切なのが経験。保育士として10年以上の実務経験が必要だと言われています。将来的に保育園を運営したいと思っていて、現在は保育士として経験を積んでいる、という方は、今のうちから園長と親しくなっておいても損はありません。

コミュニケーションのスキルが大切

園長に求められる素質のひとつに、コミュニケーション力があります。保護者の方や園児にとって親しみやすいことはもちろん、保育士からも気軽に話しかけることができ、相談しやすい人でなければなりません。保護者の方の評判が、今後の園児の数や評価につながり、それは園の経営面にも影響します。さらに園内の改善点や保育士たちの負担にも気を配る必要があるため、保育士たちとの交流はかかせません。
また、保育園の周りに住んでいる地域の方や、設備点検・給食配送の業者、他の保育園の園長との交流を持つなど、接する人間が多いということも知っておきましょう。

広い視野を持ち周囲に気を配りましょう

コミュニケーション力の高さにも関連がありますが、周りの人や物を広く見られる力が必要です。「ここの壁が崩れそうだな」「あの遊具は古いしそろそろ換え時かも」「この保育士に連勤が続いている」などの改善点に気付かなくてはなりません。園長は保育園のリーダーで、多くの責任や決定権を持っています。つまり、園長にしか解決できない問題点がたくさんあるということです。
それらの問題に気付くには、忙しい業務の合間を縫ってでも園に顔を出し、児童やその保護者、保育士たちとも交流を持ち会話をすることが大切になってきます。それにともなって、そういう場を持てる環境やスケジュールを整え、自分にとっても無理のない働き方を目指しましょう。

冷静でポジティブな思考で頼りになる存在

園を運営することは、楽しさもありますが大変なことの方が多いです。トラブルやクレームに対応することも大切な業務のひとつ。特に小さな子どもたちは、その奔放さから怪我をすることも多いでしょう。「こけて膝を擦りむいた」などの小さなトラブルから、「アレルギーを発症してしまった」「遊具が倒れてきて下敷きになった子がいる」などの重大な事態にも、冷静で素早く正確な判断をくだせる人でなくてはなりません。その際、園長たる自身が暗い気持ちでいるほど問題の解決は遅れてしまいます。
また時には保護者の方や保育士から、育児・保育上の相談を受けることもあるでしょう。そんな時もポジティブで前向きになれるような声掛けやアドバイスができる人が園長の素質を持っています。

情熱を忘れずに

園長となって保育園を運営するうえで最も大切なことが、園を盛り上げよう!という熱意です。自身が運営する保育園について「こんな特徴がある」「今後の目標は園児○人」などの自信と情熱を持っていなければ、経営者にはなれません。そしてそれを実現するために人脈や判断力・実行力、計画性などが必要になってきます。
子どもが好きであることはもちろん、「子どもを楽しませたい」「一緒に楽しいことをしたい」という気持ちが最も大切な職業です。

園長求人に応募する際に必要なコミュニケーション能力

レディ

園長になることで得られるメリット

保育士と園長の違いは、主に業務数とそれに伴う所得の差です。認可外の保育園では、所得において平均的に目立った違いはありません。認可の降りた保育園では、国や自治体から様々な補助金を受け取れるほか、「認可」という看板があるだけで入園希望者は増え、従って補助金の額もあがっていきます。保育園を運営するなら、認可保育園を目指して損はありません。

履歴書

園長になるための必要な資格

保育園には公立と私立があり、私立の保育園長になるために必要な資格はありません。
私立の保育園では、保育士として働きながら約10年かけて徐々に昇進していくところもあれば、各自のタイミングでオリジナルの試験などを突破して昇進していく方法を取っているところもあります。しかし園長の座においてのみ、親族で代々引き継いでいるところもあったり、そもそも園長の座が空かないなどの理由から、昇進して園長になるという方はほとんどいません。そんな中、近年では保育士不足や待機児童問題などを背景に私立の小規模保育園が増えてきています。私立保育園では園長の選定は独自で行われるので、必要な資格もスキルもなく園長になることができます。もちろん、しっかり運営していこうと思っているならば、実務経験はかかせません。
公立保育園長は公務員です。そのため公立の保育園長を目指すのであれば、保育士資格と公務員試験を突破し、公立保育園の保育士として採用される必要があります。そして働きながら実務経験を積み、いくつかの昇格試験を受けて昇進していく方法が一般的です。しかし公立の保育園は数も少なく園長のポストが中々空かないなどの理由から、公立保育園の園長になるのは狭き道となっています。どうしても園長を目指すのであれば、私立の保育園長を目指したほうが確実です。

面接

園長の仕事を探すための方法

園長の職はかつては非公開で行われることがほとんどでした。しかし近年ではネット上で仕事を探す人も多く、専門職の求人サイトが展開していくのに従い、今や園長の求人もネット上で見られるようになりました。
特に求人が多いのは春前から春にかけて。4月頃、保護者の方が働き出すのに子どもを預ける保育園を探し出す少し前に、園を設置しておこうと計画する方が多いからです。しかし昨今では夏や秋頃にも新園を展開するところもあり、急募の求人情報が出てくることもあります。時期を逃しても諦めず、転職サイト等を回ってみるのが園長に近づくための一歩です。

実際に園長として働いている人たちの口コミ

婦人

子供の成長を見守れる仕事

求人の中には、園長先生のお仕事があるはずです。各御家庭から大切なお子様をお預かりするため、とても責任の重い仕事です。
その他、保護者の方への対応や教員のサポート等の大変な仕事も多いため、単に子供が好きというだけでは務まらない仕事ですが、子供たちの元気いっぱいな姿と笑顔には、何者にも変えることができないやりがいが得ることができました。
子供達の成長を見た時や保護者の方から感謝された時が、この仕事をしていて良かったと思える最高の瞬間です。
未来の日本を支える、人材教育の一番最初となる幼児教育を行うため、それに適する責任感とコミュニケーション力を十分有する人には最適なお仕事です。

園長になろう!

園長の求人に応募したいけど責任が重そうと腰が引けている方はいませんか?初めての仕事は誰でも難しく感じるものです。私もそうでした。しかし、園長の仕事はやりがいをもたらしてくれます。発育に合わせたカリキュラムの作成による子供たちの教育だけに留まらず、保育士たちの悩みに寄り添うことも大事な仕事になります。保育方針で迷っている新任の保育士が園長のアドバイスや姿勢でたくましく成長していく姿を見れば園長の仕事にやりがいを感じるはずです。あなたも思いきって園長の求人に応募して見ませんか?きっと園長の仕事の素晴らしさがわかるはずです。

園長として充実した日々を過ごしています

園長の求人を見て応募しましたが、毎日が充実していますので、本当にうれしいです。園長の仕事にはやり甲斐を感じられますし、求人に記載されていた通りの労働条件でしたから、満足度はとても高いです。

[PR]
園長の求人情報
収入アップが見込める園長の求人をピックアップ

[PR]
東京で保育士求人を探そう
専門サイトを利用すべし!

広告募集中