園長求人に応募する際に確認しておきたい福利厚生等について

園長求人のチェックポイント~経営方針まで確認しよう~

園長として働く上で求められること

保育園や幼稚園の園長はその名の通り最も偉い存在であるのはもちろんのこと、園の代表という立場でもあります。そのため、園内で職員の働きやすさや子供達が安心して過ごせる環境作りだけでなく、行政や地域との連携についてもしっかりと取り組まなくてはいけません。

園長と理事長の違いについて

経営に対しての責任

園によっては理事長と園長を兼任するケースも少なくありませんが、それぞれに分担されている場合には役割が大きく異なります。幼稚園や保育園は公立、私立に関わらず法人として経営を行なうのが基本です。
そのため、園長が園の責任者としての責務を負うのに対して理事長は法人として経営の責務を負う形になります。

人事決定権の違い

園長は保育園の責任者という立場になるので、保育士やバスでの送迎を行なう運転手の採用についての決定権を持っています。それに対して理事長は園長を決める人事についての決定権を持っているのが特徴です。
これは一般的な会社でいう社長と支店長の立場にあたり、責任者と現場で働く人間というそれぞれが持っている人事の決定権による違いと認識して問題ありません。

園長求人に応募する際に確認しておきたい福利厚生等について

子供

園長の仕事が人気となっているワケ

数多くある仕事の中でも園長が人気となっている理由の一つが安定した収入の確保です。当然のことながら園の代表という立場になる以上、一般の保育士に比べて高収入が期待できます。私立や公立といった経営基盤による若干の違いはありますが、一般の保育士に比べて100万円前後違うというケースも少なくありません。
そのほかにも自身の目指す保育の実現がしやすいという点も人気の理由です。園長にはある程度の教育や経営についての方針に対する決定権があることで、自分の理想の園を作り上げることができます。

先生と子供

園長の平均年収

仕事をする上で気になる園長の収入ですが、同じ園長でも保育園と幼稚園での違いがあります。保育園の園長の場合、私立であれば500万円前後、公立で700万円前後です。幼稚園の園長は経営基盤に関わらず平均600万円ほどとなっています。前述したように、園長は一般の職員に比べて収入に数百万円以上の違いが出るのが特徴です。

履歴書

園長を目指すための対策法

園長は一般的な会社における経営者と同じ立場になります。そのため、安定した経営を行なっていくための冷静な判断力や分析力を持っていることが重要です。それと同時に幅広い視野を身に付けることも必要な対策になります。体力的にそれほど過酷ではないとはいえ、思っている以上に多くの役割を担っていることから、臨機応変な対応力と気配りの心が大切です。

メンズ

事前に求人の情報をチェックしておこう

園長の求人に応募する場合に事前に行っておくべきことがいくつかあって、その一つが福利厚生面についてです。仕事をする上での重要項目とも言える収入や福利厚生面は求人の募集で最も確認しなければいけないポイントになります。安心して仕事を続けるためにも、これらの点についてはしっかりと調べておかなくてはいけません。
そのほかにも、経営方針や仕事内容についてのチェックも重要になります。特に経営方針はそれぞれの園によって若干異なるので、自分に合った職場選びが大切です。

園長を目指している人達の声を集めました!

女の人

とても良い職場を見つけました!

誰でも園長になれるチャンスがある保育園の求人を探していました。自分に合った求人を見つける事が出来たので良かったです。女性でも昇進できるチャンスがある職場で働け、日々喜びを感じています。

園長への道のり

園長は保育園や幼稚園の代表であり、子供たちや働く先生や保育士たちのお手本となるべき存在です。保育に対する信念や好奇心を持ち続け、問題があっても落ち込まず、解決していける方に向いていると思います。園長の求人があれば挑戦していきたいです。

園長になって理想の園を作り上げたい

園長を目指す保育士にとってもっとも大切なこと、それは経歴よりも、自分が園長になったらどんな風に園児や保護者と関わり、どんな園を理想とするのかという熱意と根性でした。人数の多い園で働いていると、園児ひとり一人と密に関わる保育が期待できないや、園長と自身の保育方針が違ったりすることも多々あります。園長の求人は中々表には出ないことも多いので、キャリアアップを目指していても難しいのが現状でした。
難しいことはわかっていますが、さまざまなつてをたどったり、勉強をしたり自分の理想をはっきりとさせることを目標にがんばっています。


広告募集中